〇「争族」を回避するために相続対策を検討したいとき
○相続手続きがよく分からない
○相続した不動産や預金などの名義を変えたい
○相続放棄をしたい
○遺言が見つかったとき
○遺言を書きたいとき

 

○認知症などになった方の財産管理や色々な契約を
 本人に代わってやってくれる制度について詳しく聞いてみたい
○将来に備えて生活のお手伝いをしてくれる人を決めておきたい
○銀行などから成年後見人を付けてくださいと言われた
○精神障がいのある子供の将来が心配だ

 

 


 

ももたろう総合事務所は相続・遺言の専門事務所です。

当事務所では葬儀後の手続き、遺言の手続きをわかりやすく解説したガイドを用意しています。

お気軽に問い合わせください。

電話で予約>>>086-486-4521


 

 

○土地や建物を売ったり、買ったり、
 貰ったりしたとき
○土地や建物を相続したとき
○建物を新築したとき
○住宅ローンを払い終えたとき
○借り換えをするとき
○昔の担保が付いたままのとき

○会社を設立したい
○医療法人に移行したい
○役員変更や本店移転をするとき
○定款を見直したい
○事業承継等を考えている

○貸したお金を返してもらえないとき
○売掛金を回収したいとき
○家賃を滞納した住人がいて困っている

※簡裁訴訟代理業務とは、認定司法書士が司法書士法に定められた範囲内で行う訴額が
140万円以下の民亊に関する紛争であって、簡易裁判所において民事訴訟を行うことです。

当事務所は、日々お客様から寄せられるご相談にお応えすることに止まらず、
より多くの方の声に耳を傾け、お客様にとって価値のある情報を発信することを
大切にしたいと考えております。
そのような思いから、自主開催セミナーの企画、講師依頼の受任を積極的に
行っております。

PAGE TOP